研究開発

再生医療研究開発

3次元細胞培養・臓器再生

3次元培養装置を用いた肝臓、膵島、脳組織再生を行っています。細胞移植医療と薬剤スクリーニングを目的として、数百個のクラスターを同じサイズに容易に三次元で構築する装置を用いて上記の組織再生を行い、移植と薬剤スクリーニングに用いる技術開発を進めています。

TASCL
胚様体

3次元細胞培養デバイスTASCL開発

iPS細胞を用いた再生医療では、多くの分化誘導剤を用いた複雑な培養工程を経て、目的となる細胞や組織を分化誘導するために、多額の費用と長時間を必要とします。この問題を解決するために、簡単な工程で分化誘導が可能なデバイスの開発を行っています。

分化誘導

細胞加工施設開発

細胞治療で用いる細胞加工施設の運用は、複雑な工程と多額の費用を要し、医療機関が細胞治療へ参入する妨げとなっています。医療機関が容易に細胞治療事業に参入するために、新たな細胞加工施設の開発を行っています。

DDSとイメージング

効率的な臓器選択を実現するために、細胞治療におけるDDSと術中ナビゲーションを含むイメージング技術を開発する。

マウス

細胞加工技術

  1. 脂肪内幹細胞の採取から細胞増殖、細胞バンキングまでの工程、を低侵襲、高効率で実施できる手法の開発および脂肪内幹細胞を用いた細胞加工技術の開発を行っています。
  2. 免疫細胞の採取から細胞純化、細胞増殖までの工程を高効率で実施できる細胞加工技術の開発を行っています。
  3. iPS細胞から免疫細胞を作成する細胞加工技術の開発を行っています。