事業内容

ロボット部門

ロボティクス

ロボット事業では、外科手術と関連するロボティクス関連の技術開発を行います。

開発するロボティクスとして、内視鏡手術で看護士の代わりをするスクラブナースロボットがすでに開発最終段階に来ています。不足する看護士がいなくても、外科医が一人で手術を行うことができます。

ダビンチを超える新型のロボットとして、多関節手術ロボットの開発を行っています。このロボットは、より低侵襲で、高機能を搭載する次世代型ロボットであり、日本発の新技術として、実用化いたします。

このようなロボット制御技術として、遠隔制御技術に注目されています。すでに携帯電話を用いて日本ーヨーロッパ間で遠隔制御実験をおこなってきており、回線の品質向上を目指し、医療用人工衛星を用いた回線シェアリングの検討に入っています。

この技術が実現すれば、世界最高のドクターがどこに住んでいても、日本の患者様は、世界最高の多関節手術ロボットで最高の治療を受けられる、という夢のような話が可能になります。